いでぃおったん

ブラクラと戦うことを趣味としている変態です。 「ブラクラ美術館」というサイトを管理しています。 まあブログの内容はサイトとはほとんど関係ないと思うけどねー

参院選 私的総括

7月下旬です。あーあ。

さて、21日に行われた第23回参議院議員通常選挙ですが、結果はまあそうなるだろうなという感じで終わりましたね。
というわけでこの参院選を主にどうでもいい方面で振り返ってみましょう。

今回の選挙、選挙マニアにとっては大変豪華な布陣だったように思われます。
まずはマック赤坂
当ブログでは以前ちろっと紹介した彼は、言わずと知れた政見放送界の大御所です。知事選や衆・参院選など300万ほど供託金のかかるお高い選挙ばかりに立候補しては政見放送でいろいろとやらかしてくれる政見放送芸人。最近はコスプレにはまっているらしくちゃんちゃんこスーパーマン宇宙人といった衣装を身にまといどんどん壊れていっていました
そんなマック赤坂の今回の政見放送はというと…
mac.png
…どうやらガンジーコスらしいです。
前回の宇宙人に比べれば大変落ちついたものとなっていました。そしてさらに驚くべき変化が。
通常マック赤坂は政見放送内では政見そっちのけでスマイルセラピーについて延々と語り、「10度!20度!30度!」や「マイナスからプラスへ!ネガティブからポジティブに!」などの持ちギャグを披露して終わります。
しかし今回のマック赤坂、なんとスマイルセラピーの話題ゼロ。代わりに特攻隊の遺書を読み、憲法9条について語り平和を説く宣教師になっていました(ガンジーコスもそういった意味があったらしいです)。
 一体彼に何があったのでしょうか。
ZAKZAKの記事によるとどうやら彼はここまでの連戦連敗にショックを受けており、「自身の最高得票数('12都知事選の38,855票)を下回るようであれば引退する」ことを宣言、相当マジになって戦っていたみたいです。そりゃあニコニコ笑ってもいられませんな。
そんなマック赤坂は今回の選挙で12,228票を獲得。引退確定です。さようなら。

つぎに又吉イエスです。この人は元々沖縄出身で、故郷の海の埋め立てを止められなかったショックから変なスイッチが入り自動車売りから唯一神に転身を遂げた漢の中の漢です。元々は沖縄県知事選などに出馬していましたが、あまりの落選の多さにブチギレ。あれほどまでに愛していた故郷をあっさりと捨て上京、以降元気に出馬→落選を繰り返しています。
彼の選挙運動の特徴は他の候補者を臆面も無く罵倒するところにあります。以前は対立候補であった海江田万里や与謝野馨を政見放送内で「腹を切って死ぬべき」「ゆいつーしん(唯一神と言っているつもりだがこうとしか聞こえない)又吉イエスが地獄の火の中に投げ込む」と罵り、街頭演説でも与謝野馨の選挙カーに「死ね!」と叫ぶなど過激な活動をしており、外山恒一以前に主に2ch界隈で注目されていた人物でもありました。その後の与謝野や海江田の末路を考えると若干笑えないところがありますが。
さて前回の衆院選以来約半年、間の3年のブランクに何があったかは知りませんが合計600万を投げうって堂々出馬。ポスターも以前のものと同じように隅から隅までびっしりと文字で埋め尽くされている上さらにネット選挙に対応したつもりかHPの閲覧を迫るポスターが目を引きました。
matayosi.png
実はよく読むと切腹を迫っているのは男性の候補者のみ。これは彼の「切腹は男だけがするもの」という思想に基づいたものです。大変慈悲深い唯一神ですね。
そんな又吉イエス(届け出は本名の又吉光雄)は5,633票ビリから2番目でした。彼も引退宣言を出しています。大物が次々と姿を消す印象的な選挙です。

そしてドクター中松。フロッピーディスクの発明者という大嘘を発明し(実際はIBMが「もしかしてもしかしたら抵触することになるかもしれない」特許を片っ端から買い取っていたのを誤解しただけ)巨万の富を得た偉大なる発明家ですが、そのありあまる富を利用して選挙に何回かうってでています。
「改革を発明する」というよくわからない文句を何度も使いまわしているところがマック赤坂にそっくりですが、やはりそれなりの知名度があるからか割と票もとっているようです。
今回はアントニオ猪木の当選の陰で票を伸ばし48,362票。勝手にライバル視されていたマック赤坂に4倍ほどの差をつけましたが当選圏とはまだまだ一桁の差があります。現在85歳の元気なおじいちゃんです。

政党としては目を引いたのが幸福実現党。かつてドクター中松も在籍していた伝説の政党です。
母体は無論幸福の科学。教祖は我らがエル・カンターレ神、中川さt…大川隆法先生です。
前回の衆院選以来の出馬。やはり衆院選との間には3年ほどのブランクがあります。同じく神の名を持つ又吉イエスと動静がほぼ同じなのですが最近の神々の間では選挙で決着をつけるのが流行っているんでしょうか。
なによりも語り継がれるのは'09年結党時の第45回衆議院議員総選挙に337人の候補者を出したこと。そして全員落選したこと。これにより単純計算で11億円ほどが国に献上されたことになります。まさか供託金は全員自腹ってわけでもないんでしょうしいくらかは大川先生が出したはずです。さすがエル・カンターレ
当初は全員当選させ第一党に上り詰める予定だったらしく惨憺たる結果に委縮したのか翌年の参院選に出した候補者は24人。やっぱり全員落選。それ以来大きな動きはありませんでした。
さて、あれから4年たったこの選挙、今回は少し大きく出て50人の候補者を擁立しました。
山本太郎氏のネットを駆使した選挙活動に対し、幸福の科学は守護霊を駆使した選挙活動を展開。党代表を降りて身軽になった大川先生は安倍晋三石破茂などの守護霊を呼び寄せ対談。普段テレビや国会では聞けないぶっちゃけトークで国民に真意を訴えました。まあ見かけ喋ってるのは大川先生なんですけど。
あと途中で古館伊知郎やビートたけしなど変な方向に走り始めた理由はなんでしょうか。もっと呼び寄せるべき人はいっぱいいたような気が…。
そんな活動の甲斐あって幸福の科学は前回の勢力0議席を維持。合計1億5900万円が国に支払われましたとさ。公称1000万人の会員は何をしていたのやら。

あとどうでもいいですがスマイルプリキュアの会日本維新の会の政見放送が割と印象に残りました。
参議院選挙の比例代表として立候補するときには、政見放送のタイプを以下の3つから選ぶことができます。

1.代表が一人で喋り倒すタイプ
2.立候補者が一人一人ローテーションで1分ほどの演説を行うタイプ
3.代表2人が向かい合い対談するタイプ

維新の会はちょうど代表が2人いるので3を選び、橋下氏と石原氏が13分ほどトークする形になりました。
対談型の際の席はやや視聴者側に向けられているので普通に座るとこうなります。
jimin.png
※今回の選挙での自民党の例

ですが維新の会の場合はこう。
ishin.png
机完全無視です。
この調子で13分間喋り倒し、最後に石原氏が「暴走老人と暴言青年」という謎のギャグを放ち
ishin2.png
仲良く握手で終了。
国民に対する姿勢がよく表れていました。
今回の結果に石原氏は苛立っていたようですが、自分の発言をもう一度聞きなおせば原因はわかると思います。


と言うわけで大波乱の参院選でした。池上彰の選挙特番で創価学会創価学会連呼するほほえましい一幕もありましたが、無事終了したようです。 投票率は52.61%と過去ワースト3位。みなさんなんだかんだごねずに投票行ってくださいね。外食ついでに投票とか、予定の中に組み込むのがコツですよ。

そういえば1年

完全に忘れてましたがブログ開設から1年経ちました。

大晦日更新だったか正月更新だったかの時に書きましたがこのブログを設立した理由は単なる思い付きです。
みんなブログ持ってて楽しそうだから俺も作るか」的なノリで始めました。
最初は他の人と同じように他愛ない記事を書こうとしてました。というか最初の方の記事恥ずかしくて読む気になれません。

何かが狂いだしたのは7月。鹿児島の消防士、ふざけて後輩燃やすという記事を書いてからでした。
確かこの記事を書こうと思ったのはテレビでニュースを見ていてあまりにもバカバカしく、これは書かずにいられないと思ったからだと思います。つまりネタの一つだと認識していました。
いいともの記事あたりまではそうだったと思います。そういえばいいともまだ続いてますね。告訴する幼女からは完全にニュースメインでやってますね。気合の入り方が違います。
また僕はネタがなくなった時には「日々の何かしら」カテゴリに適当な記事を書いてごまかしてたりしますが、この発端は七夕更新だったと思います。
日食ラングデール先生20年前の中二病と続き、様々なニュースを取り上げてますね。このころはまだ多くても一日9アクセスのしがない個人ブログでした。今も十数アクセスくらいしか来ませんけど。
孫崎ウケるさんの記事には「約4日ぶりの更新です。最近ネタがなくて…」なんてとんでもないことを書いてました。今の自分からしてみれば4日ごとでも十分やってます。あと原発とかいじめとか自分の思想をさらけ出してる記事も多かった時期ですね。恥ずかしい。
改めて7月上旬は本当に頑張ってました。自分に努力賞をあげたいです。

さて、来る2012年8月1日。このブログの命運を左右する不朽のロングセラー白死蝶のソースを検証してみた」が更新されます。
この記事を公開した翌日は一日で1975アクセス(正確には覚えていませんが)、ランキング15位を獲得。当ブログ過去最高の成績を記録し、1週間ほど数百アクセスが来るようになりました。2chのコピペでなくここまでこれたのは我ながらあっぱれだと思います。
また、完全に調子に乗って更新をサボり始めるのもここからです。いかに自分が流されやすい人間かを自覚します。

10月にはついにその月中に書いた記事が1記事のみになります。まあ今となっては珍しい話じゃありませんが。
「このままではいかん」と根性をたたきなおす目的で始めたのが12月の「アドベント・カレンダーごっこ」。あの頃(7月)の栄光が再び…とはいかないもののなんとか8記事を完成させることが出来ました。まあ叩きなおすというより叩きのめされた感が強かったのですが。

年を跨ぎ2013年。正月早々片山祐輔がやらかしてくれたおかげでネタには困りませんでしたが、1月下旬ごろ精神状態がかなりヤバいことになっていたのでなかなか更新できず、書きたいニュースがあっても書けずに過ごしてしまうということが相次ぎました。
そうそう、精神状態がヤバいといえば超音波さんですよ。あれは割と気合入れて書いてました。やや不謹慎だったかなと思いますが、まあこういうブログですからしょうがない
あと2月に書いた記事がこれのみってのもなんだかなあって感じですね。
4月、初めて「エイプリルフールネタ」に挑戦します。誰も見てくれなかったと思いますけど普段使わない頭を使ったので良い経験になりました。5月には2つの記事を更新。1ヵ月1記事の呪いを回避しました。

さて、ここまで僕のブログの1年を振り返ってみましたが、総合すると
・やっぱり7月はどうかしてた
・白死蝶マジ感謝
という何度聞いたかわからないありきたりな結論しかでてきませんね。これからも頑張ります。

あと、最後になりますが僕からのお願いです。
コメントください!
アクセス統計眺めてるだけじゃ味気ないんですよ。去年の今頃もこんなこと書いたっけなあ
とにかくなんでもいいんで。深く考えずに書きなぐってください。それだけで僕は尻尾振って喜びます
その代わりというかなんというか、今月から気合入れて頑張りたいと思っています。ってあーもう6月も下旬だ!

振り込め詐欺 新名称が決定

だいぶ前に「ぎんさんの94才娘 オレオレ詐欺を撃退」という記事を書いた記憶があるのですが、このタイトル、今日で通用しなくなりました。

MSN産経ニュースの記事によると、警視庁は今日、息子や孫になりすまして電話し現金を振り込ませる、いわゆる「振り込め詐欺」についてTwitterなどで募集した改称案の中から優秀賞・最優秀賞を選考し、新名称を決定したそうです。

「振り込め詐欺」の名称がついたのは平成16年。前年から流行し始めた身内を装って金を振り込ませる「オレオレ詐欺」と呼ばれていたものと、その後登場した「架空請求」や「融資保証金詐欺」を総合して警視庁が定めたものです。
しかし近年では振り込ませず直接手渡しを行うタイプが主流となっており、「実情に即していない」として今回の名称変更と相まったそうです。
選考対象となったのは今年3月~4月までに応募のあった14104件。警視庁内でこれを60件ほどに絞り、被害者となりやすい高齢者の意見を踏まえた上で優秀・最優秀賞が決定したそうです。
発表は東京都中央区の歌舞伎座で行われ、警視庁関係者や「振り込め詐欺被害防止アドバイザー」を務めるモノマネ芸人のコロッケさん等が出席したとのこと。

さて、気になる結果ですが、まず優秀賞は「ニセ電話詐欺」「親心利用詐欺」の2つ。
そして、栄えある最優秀賞は…


母さん助けて詐欺



正直微妙です。

まず字面から内容が判断しづらい事。母さん「」助けてほしいのか母さん「」助けてほしいのかわかりづらい、対象が息子を持つ女性限定であること、そしてなにより詐欺の目的が金であることが推測しづらいです。
そしてなにより語呂が悪すぎです。「かあさんたすけてさぎ」。口に出して言ってみましょう。「おふくろが振り込め詐欺にあっちゃってさー」「おふくろが母さん助けて詐欺にあっちゃってさー」。どちらが言いやすいかは明白です。

また、ありがちなフレーズに全てこの新名称を導入してみると…

「最近、振り込め詐欺の被害が急増しています!」
「振り込め詐欺発生件数、過去最大」
「ちょwwwwwwwww振り込め詐欺の電話かかってきたwwwwwwwwwwwww」
 


「最近、母さん助けて詐欺の被害が急増しています!」
母さん助けて詐欺発生件数、過去最大」
「ちょwwwwwwwww母さん助けて詐欺の電話かかってきたwwwwwwwwwwwww」

…やっぱりしっくりきません

とにかく、今後警視庁内ではこの名称で統一し、防犯イベントなどでも使っていくそうです。ドラマで強面の刑事が「犯人は母さん助けて詐欺の元締めか…」等と真顔で話す日も近いかもしれません。
披露式で西村泰彦警視総監は「きょうは母の日。普段から親子で話をして、詐欺に遭わないよう意思疎通を図ってほしい」と語ったそう。いやそんなうまいこと言ったみたいな顔されても…。

というわけで最初に紹介した記事はこうなります。
「ぎんさんの94才娘 オレオレ詐欺を撃退」

「ぎんさんの94才娘 母さん助けて詐欺を撃退」

…うーん。

超ネバネバ物質「ピッチ」 86年を経て9滴目が垂れる見込み

皆さんは水道を締めたとき、締めが甘くて少しだけ水が滴になって少しずつ垂れる現象を目撃したことがあると思います。ゆっくりと水滴が大きくなっていき、流しに落ちていく様子をついつい長時間観察してしまったことはありませんか?液体ノリなんかも蓋を閉めた後少しずつ垂れていきますよね。
ああいったものはついつい見てしまうものですが、世の中にはなかなか垂れない物を80年以上にわたって見続けている人がいます。

CNNの記事によると、オーストラリアのクイーンズランド大学で「ピッチドロップ」という実験が今年、決定的瞬間に達するとの見通しがたっているようです。
「ピッチドロップ」とは同大学のかつて物理学の教鞭をとっていたトーマス・パーネル教授が、学生向けのデモンストレーション用に船の防水材などに使われる「ピッチ」という非常に粘性の高い液体を熱し、出口をふさいだガラスのじょうごに注ぎ込んでその様子を観察し続けるというもので、1927年から現在まで続く「世界最長の実験」として知られているそう。
じょうごの口を開けた1930年以来86年間観察され続けているこの「ピッチドロップ」が、その間に滴となって垂れたのはわずか8回。そして待望の9回目の滴下がパーネル教授に代わり実験を引き継ぐジョン・メインストーン教授によると「今後数カ月、もしかしたら数週間」の内に起きるとのことだそうです。

担い手がメインストーン教授に代わってから滴下が見られたのは3回。しかしメインストーン教授、このいずれも見逃してしまったらしいのです。
メインストーン教授は実験を1961年に引き継いでから現在までほぼ毎日5~6回チェックをしているそうですが、79年の6回目の滴下の際はたまたま日曜日のチェックを省いたその日にポチャン。7回目の88年には朝食を取りに行っている5分の間にポチャン。そして直近の8回目、2000年の際には過去の失敗を生かしカメラをセッティングしていたものの、そのタイミングでなぜか故障し何も映らなかったそうです。
現在は日々のチェックに加えて3台のウェブカメラをセッティング、万全の態勢で臨んでいるんだとか。

86年間でわずか8回とはすごいですね。当ブログの更新頻度より遅いです。それを50年以上見続けているメインストーン教授の根気にも脱帽です。
しかし3回の滴下を全て見逃した悔しさは計り知れないでしょうね。6回目から7回目までは9年間、7回目から8回目までは実に12年ほどの歳月が経過しています。電車一本逃しただけで1日中引きずる僕だったら多分死んでますね、ショックで。
しかし過去3回全て見逃すってすごいですね。偶然にしてはあまりにも連続しすぎてます。なにか霊的現象が働いてしまう禁断の実験なのかもしれませんね。今度もウェブカメラをつないでいるPCがフリーズしたりして…

「ピッチドロップ」の現在の様子はここの「Live view」から見ることができます。待てど暮らせど全く動く気配がありませんが、メインストーン教授のような強いハートを持って見つめ続けるのもいいかもしれません。
歴史の証人となるのは、あなたかもしれませんよ。

「空飛ぶ箒」米企業が開発 '15にも実用化へ

ついに魔法の代名詞ともいえる「空飛ぶ箒」が開発されました!

リポーティング・タイムズ通信の記事によると、アメリカのルーカス・インターナショナル・エンジニアリング社は1日、次世代の個人用輸送機械の開発に成功したと発表したそうです。
L.I.E社が開発したのは、いわば「携帯可能な飛行機」。長さ1.5mで、重さは5~10kg程度で、一人乗りで最大高度20m程度の飛行が可能なんだとか。
開発の際のヒントにしたのが「空飛ぶ箒」。細い円筒に円錐がついている形状が揚力を生み出すのに最適だったそうです。人が乗る部分は柄に当たる部分で、後方にエンジンなどの機材が詰め込まれているコンパクトな形状になっており、乗るとまさに魔法使いが箒に乗っているそのままの姿になるんだそうです。
ただし箒そのままというわけではなく、人が乗る部分でどうしても気流の乱れが発生するらしく、柄の先の部分と付け根の部分に三角翼のようなものを付けて揚力を生み出しているんだとか。前傾姿勢になって乗るのがコツだそうです。
まだコストなどの問題がありますが、L.I.E社は2015年にも一般家庭への導入を目標とし、現在試作機のテスト中なんだそうです。

だんだん魔法と科学が近づきつつあるという事を感じさせるニュースでしたね。水の中を走れる車やタケコプターも実現に向かっているようですし、なんだか夢が膨らみます。
1900年ごろの人々の予想した「未来予想図」が現在とまるでドンピシャだったというのは有名な話ですが、今実現不可能と思われていることももう少し待ってみれば実現するのかもしれないですね。考えてみればスマートフォンだって魔法のような機械なんじゃないでしょうか
人々の考える「魔法」は技術の進化形態を表しているようにも思えますね。

ようやくポピュラーな魔法の道具が完成しました。次はなんでしょうか。やっぱり魔法の杖でしょうか

続きを読む »

«  | HOME |  »

Counter

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

れじすたー

れじすたー

ブラウザクラッシャーやコンピュータウイルスや検索してはいけない言葉やその他アングラなことに興味を持っています。
ここではニュースを適当にまとめて適当にコメントをつけるテキストサイトのようなことをしています。
要は便所の落書きってことで。

FC2Ad