いでぃおったん

ブラクラと戦うことを趣味としている変態です。 「ブラクラ美術館」というサイトを管理しています。 まあブログの内容はサイトとはほとんど関係ないと思うけどねー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超ネバネバ物質「ピッチ」 86年を経て9滴目が垂れる見込み

皆さんは水道を締めたとき、締めが甘くて少しだけ水が滴になって少しずつ垂れる現象を目撃したことがあると思います。ゆっくりと水滴が大きくなっていき、流しに落ちていく様子をついつい長時間観察してしまったことはありませんか?液体ノリなんかも蓋を閉めた後少しずつ垂れていきますよね。
ああいったものはついつい見てしまうものですが、世の中にはなかなか垂れない物を80年以上にわたって見続けている人がいます。

CNNの記事によると、オーストラリアのクイーンズランド大学で「ピッチドロップ」という実験が今年、決定的瞬間に達するとの見通しがたっているようです。
「ピッチドロップ」とは同大学のかつて物理学の教鞭をとっていたトーマス・パーネル教授が、学生向けのデモンストレーション用に船の防水材などに使われる「ピッチ」という非常に粘性の高い液体を熱し、出口をふさいだガラスのじょうごに注ぎ込んでその様子を観察し続けるというもので、1927年から現在まで続く「世界最長の実験」として知られているそう。
じょうごの口を開けた1930年以来86年間観察され続けているこの「ピッチドロップ」が、その間に滴となって垂れたのはわずか8回。そして待望の9回目の滴下がパーネル教授に代わり実験を引き継ぐジョン・メインストーン教授によると「今後数カ月、もしかしたら数週間」の内に起きるとのことだそうです。

担い手がメインストーン教授に代わってから滴下が見られたのは3回。しかしメインストーン教授、このいずれも見逃してしまったらしいのです。
メインストーン教授は実験を1961年に引き継いでから現在までほぼ毎日5~6回チェックをしているそうですが、79年の6回目の滴下の際はたまたま日曜日のチェックを省いたその日にポチャン。7回目の88年には朝食を取りに行っている5分の間にポチャン。そして直近の8回目、2000年の際には過去の失敗を生かしカメラをセッティングしていたものの、そのタイミングでなぜか故障し何も映らなかったそうです。
現在は日々のチェックに加えて3台のウェブカメラをセッティング、万全の態勢で臨んでいるんだとか。

86年間でわずか8回とはすごいですね。当ブログの更新頻度より遅いです。それを50年以上見続けているメインストーン教授の根気にも脱帽です。
しかし3回の滴下を全て見逃した悔しさは計り知れないでしょうね。6回目から7回目までは9年間、7回目から8回目までは実に12年ほどの歳月が経過しています。電車一本逃しただけで1日中引きずる僕だったら多分死んでますね、ショックで。
しかし過去3回全て見逃すってすごいですね。偶然にしてはあまりにも連続しすぎてます。なにか霊的現象が働いてしまう禁断の実験なのかもしれませんね。今度もウェブカメラをつないでいるPCがフリーズしたりして…

「ピッチドロップ」の現在の様子はここの「Live view」から見ることができます。待てど暮らせど全く動く気配がありませんが、メインストーン教授のような強いハートを持って見つめ続けるのもいいかもしれません。
歴史の証人となるのは、あなたかもしれませんよ。

「超音波の被害多発」 東京・神奈川・静岡

さて、今日は関東地方で超音波の吹き荒れる一日となりました。

東京新聞の記事によると、今日午前8時15分ごろ東京都江東区東陽の東京メトロ東西線東陽町駅前の交差点で、区内に住む男(49)が叫び声を上げながら歩行者を刃物で次々と切りつけたそうです。
男は刃物2本を持ち、駅出口のコンビニ店前の路上で通行人に言いがかりをつけ、40代と60代の男性を刺し、さらに横断歩道を渡って人混みに突進して30代と50代の男性を刺したそう。いずれも軽傷とのこと。

男は事件現場から約200メートルの都営アパートに住む元暴力団組員とみられ、精神科への通院歴があるそうで、調べに対しても「体内に埋め込まれた超音波から『人を刺してみろよ』と聞こえたので、自宅から刃物二本を持ち出して刺した」等と意味不明な供述をしているそうです。

恐るべし超音波。
ちなみに補足をしておくと超音波とは人の聞こえる音の周波数の範囲(可聴域)の上限より高い、人の耳には聞こえない音です。彼はイルカか何かでしょうか。
あと超音波は波なので埋め込めないと思うんですが…

しかし超音波はこれだけではなく、関東で猛威をふるっていたようです。

日テレNews24によると静岡県浜松市中区では午前11時45分頃、男が刃渡り約70センチの日本刀で男性を切りつけ、殺人未遂などで現行犯逮捕されたそうです。
警察によると領家の駐車場で男性2人が殴り合っているのが目撃され、警察官が駆け付けた時には1人は日本刀を持って返り血を浴び、近くでもう1人が血を流して倒れていたそう。切りつけられた男性は浜松市南区若林町の無職・高橋勝さん(40)で、搬送先の病院で死亡したとのことです。

また、日本経済新聞によると午前8時すぎには横浜市緑区のJR横浜線長津田駅で、電車から降りようとした相模原市中央区の女性会社員(36)が刃物のようなもので左太ももを切られ、軽傷を負ったそうです。
横浜市では、昨年12月にもJR横浜駅で女性が太ももを切られたり、横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街駅で女性がショールを切られたりする事件があり、警察では関連性があるとみて捜査を進めているとのこと。

花粉に黄砂、PM2.5以外にも、今月は超音波に注意しないといけないようです。

外出の際は、お気を付けて。

遠隔操作ウイルスの犯人 今度は「延長戦」

昨日ニュースで例のパズルに関する特集をやっていました。
ゆっくり(の亜種?)っぽいテキストトゥスピーチのソフトを使っていたりしたので、そこらへん界隈の人なんじゃないかと思いました。
あと答えが東京都内で一番高い山「雲取山」だったのは彼の意地の悪さが現れてましたね。

で、一件落着かと思ったら。
読売オンラインの記事によると、今日未明、遠隔操作ウイルスの犯人を名乗る人物から複数の報道機関に向けて「新春パズル~延長戦~」と題したメールが送られていたそうです。
今度のパズルは全3問。メールを送った理由は、山中に埋めたとされるウイルスのデータが入った記録媒体について、「私の埋めたものは拾われたか飛ばされた」とし、「オオカミ少年みたいに思われているのが不本意」だったからとのだそうです。
警視庁はこのメールが真犯人のものかどうか調査を進めていますが、少なくとも送信先は同じだったそうです。

またかよ

正直飽きました。同じネタをたてつづけに行うのは芸人として御法度です。
不本意にしてももっと何か新ネタを仕込んでほしかったです。それともパズルがかなり凝った感じになっているのでしょうか。あと別に勝負してるわけじゃないのに「延長戦」とはこれいかに。
どちらにしろいきなりホイホイ3つもパズルを作れるとは考え難いので多分最初から元日のはダミーだったと考えるのが自然でしょうか。
今度は何山なんでしょうか。まさかまた雲取山ということはないと思うのでまた別の山なんでしょうね。もしくは海中とか。
犯人も「例のメールと同じパズルです」とか言ってパズルを100円くらいで販売したら儲かるかもしれませんね。ちょっと欲しいし。

とにかくネタに尽きないお方です。

遠隔操作ウイルスの犯人からあけおめメール 「新しいゲームのご案内」

今年も携帯キャリア各社は「あけおめメール」の規制を発表していました。結果はどうだったんでしょうか。
まあ年明けの恒例行事が無事終わったわけですが、こんな人からもあけおめメールが来ていたようです。

MSN産経ニュースの記事によると、今年1日午前0時15分ごろ、報道機関などに遠隔操作ウイルスの真犯人とみられる人物からメールが送られていたことがわかったそうです。
メールは、これまで犯行声明メールなどを送っていた落合洋司弁護士や、産経新聞などの報道機関約20カ所に送られていたとのこと。
気になるメールの内容は「新しいゲームのご案内ですよ」「10月から仕込んでおいたのをようやくお披露目です。添付のパズルを解くと、先着1名様限定で私からの長文のメッセージが自動的に入手できる仕掛けになっています」「マスメディアの方は独占スクープのチャンスです早い者勝ちですよ」等と記載されていたとのこと。
また、メールによると添付されているパズルの問題は5問で、解くごとに次の問題のファイルが出題する仕掛けなんだそうです。

元日早々とてつもないニュースが飛び込んできました。そして相変わらずのキレの良さですね。まるで刑事ドラマに出てくる犯人のようです。
しかし前「もう公には出てこない」と言っていたような気がしましたが、欲が出たんでしょうか、でも10月から仕込んでいたんなら最初から引っ込む気はなかったんですかね。

犯人が現実に出てきたら早速セキュリティ会社からのヘッドハンティングでしょうか。それとも森口氏のように芸能界デビューでしょうか。今後が気になります。

かまくらを雪山と間違え除雪 小学生死亡

今日ついに当ブログが7777アクセスを突破いたしました。
7777.png
7777人目の方、おめでとうございます。多分僕ですけど。
めでたい話題でしたが、今日はとても暗いニュースです。

読売オンラインの記事によると、北海道警旭川東署は今月10日、アパート経営の上田晃治容疑者(67)が小学6年生の男子に除雪車の雪かき部分をぶつけるなどして死亡させた疑いで逮捕したそうです。
事件があったのは9日午後4時半ごろ。アパートに住む小学6年渡辺紘志君(11)が同級生とかまくらを作り遊んでいたところ、上田容疑者が雪山と勘違いして雪かき部分をかまくらに差し込んだそうです。中にいた渡辺君は出血死。上田容疑者は1人で除雪作業をしており、調べに対し、「気付いたら子どもが倒れていた」と話しているそうです。

今月に入ってから北海道や日本海側では除雪車が本格稼働しました。と同時に除雪車の事故も後を絶ちません。7日には青森県黒石市で会社員の高橋真さん(38)が父親と除雪作業中、除雪機のローターに詰まった雪を取り除こうとして指を切断する事故が発生しています(毎日jp)。10日には北海道旭川市の長坂征義さん(67)が除雪機と車庫の壁の間に挟まれ死亡しています(TBS News)。

なんで除雪機の事故ってこんなにグロいのばっかりなんでしょう。中でも今回の事故は想像するだけで身震いする恐ろしい事故です。楽しく遊んでいたら突然…なんて想像したくありません
山口県萩市では除雪車の出発式に招かれた子供たちが、「かっこいい」「大きい」などと歓声を上げていたそうで(読売オンライン)、一層心が痛みます。

読者のみなさんも読んでいてあまり気持ちの良い記事ではないでしょうが、事故にはくれぐれも気をつけたいものです。

«  | HOME |  »

Counter

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

れじすたー

れじすたー

ブラウザクラッシャーやコンピュータウイルスや検索してはいけない言葉やその他アングラなことに興味を持っています。
ここではニュースを適当にまとめて適当にコメントをつけるテキストサイトのようなことをしています。
要は便所の落書きってことで。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。