いでぃおったん

ブラクラと戦うことを趣味としている変態です。 「ブラクラ美術館」というサイトを管理しています。 まあブログの内容はサイトとはほとんど関係ないと思うけどねー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「空飛ぶ箒」米企業が開発 '15にも実用化へ

ついに魔法の代名詞ともいえる「空飛ぶ箒」が開発されました!

リポーティング・タイムズ通信の記事によると、アメリカのルーカス・インターナショナル・エンジニアリング社は1日、次世代の個人用輸送機械の開発に成功したと発表したそうです。
L.I.E社が開発したのは、いわば「携帯可能な飛行機」。長さ1.5mで、重さは5~10kg程度で、一人乗りで最大高度20m程度の飛行が可能なんだとか。
開発の際のヒントにしたのが「空飛ぶ箒」。細い円筒に円錐がついている形状が揚力を生み出すのに最適だったそうです。人が乗る部分は柄に当たる部分で、後方にエンジンなどの機材が詰め込まれているコンパクトな形状になっており、乗るとまさに魔法使いが箒に乗っているそのままの姿になるんだそうです。
ただし箒そのままというわけではなく、人が乗る部分でどうしても気流の乱れが発生するらしく、柄の先の部分と付け根の部分に三角翼のようなものを付けて揚力を生み出しているんだとか。前傾姿勢になって乗るのがコツだそうです。
まだコストなどの問題がありますが、L.I.E社は2015年にも一般家庭への導入を目標とし、現在試作機のテスト中なんだそうです。

だんだん魔法と科学が近づきつつあるという事を感じさせるニュースでしたね。水の中を走れる車やタケコプターも実現に向かっているようですし、なんだか夢が膨らみます。
1900年ごろの人々の予想した「未来予想図」が現在とまるでドンピシャだったというのは有名な話ですが、今実現不可能と思われていることももう少し待ってみれば実現するのかもしれないですね。考えてみればスマートフォンだって魔法のような機械なんじゃないでしょうか
人々の考える「魔法」は技術の進化形態を表しているようにも思えますね。

ようやくポピュラーな魔法の道具が完成しました。次はなんでしょうか。やっぱり魔法の杖でしょうか


















































           

  *     +  うそです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *


…ってバレバレですね。

一応ヒントもいくつか仕込んでありました。
企業の名前が「ルーカス・インターナショナル・エンジニアリング(Lucas International Engineering)」略して「Lie(嘘)」。こんな会社(多分)ありません。少なくとも空飛ぶ箒なんて作ってないでしょう。
それから各段落の最初の文字をとると「つリだよ(釣りだよ)」になります。リポーティング・タイムズ通信なんて(多分)ありません。

初めて虚構新聞的なことをやってみました。なるべくそれっぽく捏造するのって大変ですね。マスコミの人はすごいなあ(他意はなし)。
まあエイプリルフールですしご容赦くださいませ。

空飛ぶ箒、出来るといいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://regestry.blog.fc2.com/tb.php/47-a16a6065

 | HOME | 

Counter

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

れじすたー

れじすたー

ブラウザクラッシャーやコンピュータウイルスや検索してはいけない言葉やその他アングラなことに興味を持っています。
ここではニュースを適当にまとめて適当にコメントをつけるテキストサイトのようなことをしています。
要は便所の落書きってことで。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。