いでぃおったん

ブラクラと戦うことを趣味としている変態です。 「ブラクラ美術館」というサイトを管理しています。 まあブログの内容はサイトとはほとんど関係ないと思うけどねー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の曲をカラオケで流しまくり、1700万円を稼いだ男が摘発

もうすぐクリスマスですね。新宿のキリスト看板集団を見て改めてそう思いました。
去年は一定時間毎にプラカードを持った集団が一斉にプラカードを裏返す見事なパフォーマンスを見せてくれましたが、今年はスピーチ付きの豪華版でした。なんだかんだいって毎年楽しみです。
なんとなく皆さん察しが付いていらっしゃるでしょうがこの前置きと今日のニュースは何も関係がありません

朝日新聞デジタルの記事によると東京地裁(大須賀滋裁判長)は21日、自分の曲をカラオケで繰り返し再生し続け、2年半の間に約1700万円の著作権料を受け取っていた大阪府岸和田市の男性に対し、受領した著作権料を日本音楽著作権協会(JASRAC)に返還するよう命じる判決を言い渡したそうです。
判決などによると手口の詳細は次のようなもの。男はまず自分で作詞・作曲した演歌調の曲やバラード調の曲をカラオケ会社に持ち込み、有料で配信楽曲に入れてもらうサービスを利用し、自宅や知人宅など16カ所にカラオケ端末を置き2009年から自分の曲を再生し続け、全国ランクのトップを保ち続けたそう。ちなみにその複数の端末は同じ場所に置かれ、スピーカーにも接続されていなかったとのことだそうです。
3カ月で約100万回再生された時期もあり、09~11年に大手カラオケ会社のランキングでAKB48などの人気曲を押しのけ、たびたびトップ3を独占したこともあったそうですが、その99%以上は男性が設置した端末によるものだったそうです。1カ月間、1日17時間以上歌い続けたことになる端末もあったそうです。
カラオケ店などから集めた著作権料は再生回数に応じて作曲者らに分配される仕組みとなっており、不審に思ったJASRACが事情を聴くと、男性は意図的な操作を認めたが、返金に応じないまま連絡が取れなくなったとのこと。男性は裁判にも出廷せず、判決はJASRACの請求をそのまま認めたそうです。JASRACは「こうした不正で裁判に発展するのは珍しい」と話しているとのこと。

これは新しい稼ぎ方ですね。まるでニコニコ動画のランキング工作を彷彿とさせる犯行ですが、これでお金を取る方法があったとは。皆さんがお嫌いなJASRACをうまく利用した手口と言えましょう。いやはやあっぱれ。
JASRACといえばつい最近雅楽の著作権料を請求したことで話題となりましたが、今回の事件も2年半も見逃したことにはJASRAC側にも少なからず責任があるのではないでしょうか。今後の運営方針を見直してほしいところです。それともわざと金額を肥大させて犯人を極悪人に仕立て上げたかったのでしょうか。少し勘ぐってしまいますね。

しかし今回の事件、金製造マシーンとでも呼びたいくらいの見事なテクニックでした。今後このような残念な天才が現れないことを祈ります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://regestry.blog.fc2.com/tb.php/39-864e0016

 | HOME | 

Counter

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

れじすたー

れじすたー

ブラウザクラッシャーやコンピュータウイルスや検索してはいけない言葉やその他アングラなことに興味を持っています。
ここではニュースを適当にまとめて適当にコメントをつけるテキストサイトのようなことをしています。
要は便所の落書きってことで。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。