いでぃおったん

ブラクラと戦うことを趣味としている変態です。 「ブラクラ美術館」というサイトを管理しています。 まあブログの内容はサイトとはほとんど関係ないと思うけどねー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森口尚史氏 芸能界デビュー決定

冷え込み気味の芸能市場に大型新人投入の兆しです。

日刊スポーツの記事によると、iPS細胞に関する一連の発言で話題となった森口尚史氏が、芸能プロダクションと11月末に契約し、今後タレントとして活動していくことが18日に分かったそうです。

森口尚史氏は今年2月に虚血性心筋症の男性患者(34歳)に対し、男性の肝臓から取り出した細胞から独自の手法でiPS細胞を作成、これから変化、増殖させた心筋細胞を心臓バイパス手術を受けた患者の心臓に注入し、10月、iPS細胞を使用した初の治療を行ったと発表しました。11日には読売新聞がこれを一面で大きく報道。これが全ての元凶です。
この日の深夜、マサチューセッツ総合病院は「森口氏は1999年~2000年まで病院に客員フェローとして在籍したが、その後は病院やハーバード大とは関係がない。大学や病院の内部審査委員会が治験を承認したとの事実はない」とする声明を発表しました。国際学会を主催するニューヨーク幹細胞財団も「森口氏のポスターについて疑義が示された」とする声明を発表し、会場から発表内容を示したポスターを撤去します。
また、森口氏にはポスターの前で自らの研究成果を研究者たちに説明する機会が与えられていましたが、時間を過ぎても姿を見せませんでした
10月12日、科学雑誌ネイチャーも森口の研究について疑義を述べ、幹細胞研究の権威中内啓光東大医科学研究所教授は、発表された内容に疑問があるとした上で、森口氏の手法での成功例は聞いたことが無いとしました。
森口氏はこれに対し「きちんとした手続きにのっとって移植を実施した。私に医師の資格はないが、移植は医師の指示の下で行われたので問題はない。ハーバード大学が私が所属していないと否定するのはよく分からない。」としました。あの例のインタビューです。
ここまで姿を見せなかった全ての元凶読売新聞が13日「同氏の説明は虚偽で、それに基づいた一連の記事は誤報」とついに認め、森口氏はついに八方塞がりとなります
そして同日、森口氏は滞在しているホテルで記者会見を行います。ここであの名言「1例は事実」が語られます。

ここまではメディアで大きく報道され、また多くの人にネタにされましたが、帰国後の事はあまり知られていません。実は、物凄い事態になっていたのです
森口氏は当然のように東大病院を解雇されます。そのショックから体重は14kg減。貯金は15万円という転落人生に。やれいい気味だと思っていたらなんとDJデビューするという意味のわからない展開になります。その名も「DJ iPS」。まるで自分がiPS細胞を発明したかのような言い草ですがそんなこんなやっていたそうです。
そして今回の芸能界デビュー。あのインタビューを見る限りとてもトークセンスがあるとは言えませんが会見でも案の定支離滅裂な発言を繰り返していたそうです。しかしいくらか知恵は付いてきたようで、「(支離滅裂な発言については)自覚していないので、病院に連れて行ってください」「世間のゴキブリといったら私です」という自虐ネタを習得した模様。今後もこのキャラで押していくのでしょうか。プロデューサー受けは確かにいいかもしれませんけど。

ある意味アイドル→AV女優より見苦しい転職人生ですが、健気に頑張ってほしいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://regestry.blog.fc2.com/tb.php/36-3b4b632b

 | HOME | 

Counter

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

れじすたー

れじすたー

ブラウザクラッシャーやコンピュータウイルスや検索してはいけない言葉やその他アングラなことに興味を持っています。
ここではニュースを適当にまとめて適当にコメントをつけるテキストサイトのようなことをしています。
要は便所の落書きってことで。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。