いでぃおったん

ブラクラと戦うことを趣味としている変態です。 「ブラクラ美術館」というサイトを管理しています。 まあブログの内容はサイトとはほとんど関係ないと思うけどねー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセス数4ケタ突破

さて、当ブログを始めて早2ヶ月。ついにアクセス数が4ケタを突破しました
…ええそうですよ。本当は「3ケタ突破」って書こうと思ったんです
実際に当ブログも次第に定期的に見てくださる方が増え、1日6~9アクセスほど来るようになりました。
昨日の21時時点では92アクセスになり、3ケタ突破は時間の問題だろうと感じて、アクセス解析をまとめて記事にしようとでも思っていました。
あの記事を書くまでは。

昨日、僕は白死蝶はPCに対応している事を知り、ソースをとって検証記事を書きました。
しかし当時twitter上では白死蝶が大流行している事を僕は知りませんでした。だってフォロワーがアレな人ばっかなんだもん!
もともと白死蝶は携帯用のサイトで、昔から携帯ユーザーの間では名が知られていたそうです。
また、毎年この時期になると流行するそうで、twitterユーザーさんの中には「またお前か」的な反応をしている方もいました。
そして案の定流行。NAVERまとめまで作られました。
そのNAVERまとめの記事で当ブログが「サイトを検証したブログ」として掲載されていました
この結果当該記事のURLがtwitter上で拡散。ページビュー数は一気に増え、一時は毎時367ページビューを記録しました
そして総アクセス数はあっという間に4ケタを突破。僕のブロともの方が4ヶ月強かけたことをたった2ヶ月で達成してしまいます
この熱が明日も続いていたらおそらく彼のブログのアクセス数を超えるのは時間の問題です。

以前お話しした通り僕の本業(?)はブラクラと戦うことです。そういう意味では自分のしていることがこれだけ評価されているのは嬉しい限りなのですが、同時に別の感情が湧きおこってきます。
それは、また一日9アクセスの時代に戻ることです。
現在アクセスカウンターにカーソルを合わせたときに出てくるアクセス数の推移をみると、3日前以前のグラフは短すぎて見えなくなってしまっています
これを見てしまうとまた元の状態に戻るのが少し怖くなってしまいます。
しかし、いくら恐れているてもこの状態は必ず終わります。多分そうなるまではそう遠くないと思います。
だから僕はこれからも書き続けます。少なくとも自分の文章を評価してくれる方々がいるのですから、僕はその方々に文章で応えなくてはなりません
身の程をわきまえない出世はよくないとも言いますし、あまり人が来すぎても僕の方がビビるかもしれません。
ですから、いつもの状態に戻ってもむしろそれでいいんだと思います。

この記事を見てくださっている皆さん、これからも当ブログの応援をよろしくお願いします。





でも今回の一件を機に読者さんが増えてくれるといいなあとか思ったりはする。



8/3 追記
本日8時29分に更新されたブログランキングで、ジャンル(日記)ランキング15位、サブジャンル(その他)ランキング9位を獲得しました。
ranking.png
ranking2.png
ranking3.png
当ブログの黒歴史快挙として掲載しておきます。
みなさん応援ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

私が何ヶ月もかけて1000突破だったのにこんな短期間で取りやがって☆

でも、こっちのほうもたくさん人来ましたし!

訪問者の方々には本当に感謝しきれませんね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://regestry.blog.fc2.com/tb.php/25-945b3591

 | HOME | 

Counter

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

れじすたー

れじすたー

ブラウザクラッシャーやコンピュータウイルスや検索してはいけない言葉やその他アングラなことに興味を持っています。
ここではニュースを適当にまとめて適当にコメントをつけるテキストサイトのようなことをしています。
要は便所の落書きってことで。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。