いでぃおったん

ブラクラと戦うことを趣味としている変態です。 「ブラクラ美術館」というサイトを管理しています。 まあブログの内容はサイトとはほとんど関係ないと思うけどねー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR北海道 レール上に針金で信号停止

滑り込みセーフ!

ごめんなさい。ちゃんと更新するとかいっときながら結局9月もあと10秒ほどになってしまわれました。危ねえ。
更新を先延ばしにしているうちに失念してしまったのが原因とみられます。以降再発防止に努めてまいります。

どこかで聞いたことあるようなセリフですが、今日はあの鉄道会社の話題です。

北海道新聞の記事によると、今日午前5時20分ごろ、北斗市内のJR江差線上磯―矢不来信号場間で、信号が赤から青に変わらないトラブルが発生したそうです。
JR北海道によると、近くの線路上で針金が見つかり、これが原因とみられるそうで、10日と17日にも同様な原因による信号トラブルが発生しており、今月で3回目なんだとか。 この影響で、約130人が乗った上野発札幌行き寝台特急「北斗星」に約30分の遅れが出、函館中央署は偽計業務妨害の疑いで調べているそうです。

つまりはこういうこと。JR北海道では列車がどの位置にあるのかを検知するために、レールに微弱な電流を流し、金属でできている列車がその上を通ると通電して位置が把握できる仕組みを採用しています。つまりレールの上に金属がまたがっていれば列車がいることになってしまうため、線路と線路の間に針金を置くと列車がいると誤検知してしまうという事です。

この時期にこんなことやられると相当痛いですよね。今は身内のことで大変なんだからそっとしておいてあげましょうよ…

さて事故の申し子として知られるJR北海道ですが、MSN産経ニュースの記事によると、今日国交省は経営陣全体の刷新を決めたそうです。鉄道会社でここまでやられるのは異例らしいですが、まあ当然の処置だと言わざるをえません。
そもそもの発端は貨物列車の脱線事故。その後出火や発煙などのトラブルが立てつづけに7件も発生。そして全線でレールが270か所もずれていたのにガン無視という行き届いた対応が話題になりました。そして監査によるとチェックの内容をほぼ読んでいなかったり、検査していたとしても検査機がポンコツというコンボ。さらに自動列車停止装置の操作をミスって間違えて列車を止めてしまった運転士が、自分で操作をミスった装置を破壊して解決という極めて斬新な所業もプラスされ、もはや客を乗せる気の全くない管理体制が浮き彫りに。締めに名セリフ「先延ばしにしているうちに失念」が飛びだしました。

事件もそうですが手前の問題も解決できない会社が誰かが勝手に起こした事件の対応なんてできるわけなさそうです。

適当な記事になってごめんなさい。10月から本気出す。
スポンサーサイト

 | HOME | 

Counter

Calendar

« | 2013-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

れじすたー

れじすたー

ブラウザクラッシャーやコンピュータウイルスや検索してはいけない言葉やその他アングラなことに興味を持っています。
ここではニュースを適当にまとめて適当にコメントをつけるテキストサイトのようなことをしています。
要は便所の落書きってことで。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。